Vue DevToolsの使用

独立したバージョンのVue DevToolsを用いてNativeScript-Vueのアプリをデバッグすることができます。

統合を簡単にするためには、アプリとVue DevToolsの連携を助けてくれるnativescript-vue-devtoolsプラグインを使用できます。

ステップ1: 依存ファイルのインストール

以下のコマンドを実行してください:

$ cd <project-folder>
$ npm install --save @vue/[email protected] nativescript-toast nativescript-socket.io nativescript-vue-devtools

(オプション) ステップ2: Vue DevToolsのグローバルインストール

Vue DevToolsへのアクセスを簡単にするために、パッケージをグローバルにインストールすることもできます。

以下のコマンドを実行してください:

$ npm install -g @vue/[email protected]

インストール終了後、開発に使用している機械のどこからでもvue-devtoolsコマンドを実行することができます。

ステップ3: nativescript-vue-devtoolsプラグインをアプリにインストールする

アプリとVue DevToolsを連携するため、main.jsを修正する必要があります。

ソースコードの中で、nativescript-vue-devtoolsをインポートし、Vue.use()でNativeScript-Vueに知らせてください。

import Vue from 'nativescript-vue'
import VueDevtools from 'nativescript-vue-devtools'

Vue.use(VueDevtools)

もしエミュレータの代わりに実機を使用している場合、hostオプション実機?のIPアドレスを指すように設定してください。 そうしなければ、実機でホスト機器に接続できません。

Vue.use(VueDevtools, { host: '192.168.1.42' })

ステップ4: Vue DevToolsの起動

Vue DevToolsを立ち上げるために以下のコマンドを実行してください:

$ # if installed globally
$ vue-devtools
$ # or
$ npx vue-devtools

ステップ5: アプリをビルドし直して起動する

以下のコマンドを実行してください:

$ rm -rf platforms
$ tns run android --bundle
$ # or
$ tns run ios --bundle

機器とアプリを正しく設定しているのなら、Vue DevToolsのコンポーネントツリーの中にいくつかコンポーネントが表示されているはすです。

Contributors